脇汗を抑える方法6選!脇の臭い対策なら脇汗ケアが重要!

綺麗なわきの下の女性

 

脇汗がだらだらと垂れてくるのは、なかなか不快なものです。

 

この脇汗を抑えることが出来たらどんなに快適なことでしょうか?

 

しかし、理由も無く脇汗は垂れてくるものではないので、その原因を探りしっかりと対策をすれば、脇汗を抑える方法が見えてきます。
今回は、私のように脇汗で悩んでいる人のために脇汗を抑える方法を6つご紹介致します。
こちらでは、多汗症治療のための手術やボトックス注射による脇汗対策についてはあえて触れていません。

 

あくまで、手術も注射もなしでケアする方法のみご紹介いたします。
中には、「そんな方法があったのか!」というような意外な方法も見つかるかもしれません。
それでは、1つずつ見ていきましょう。

 

 

1.血液が大量に流れているポイントを冷やす

保冷剤

 

私達の体温が上昇すると、汗が出ます。
これは、汗が蒸発する時に周囲の熱を奪うという作用(気化熱)の力によって体温を下げようとしているからです。

 

それは、つまり体温が上昇して、このままでは生命活動に危険が及ぶと体が判断していることの表れなのです。
ですから、全身を流れる血液の温度を冷やす事が出来れば汗は自然に引いていきます。

 

人間の体には血管が集中している場所がいくつかあります。
具体的には、次に挙げる5箇所です。

  1. 首の後ろ
  2. 左鎖骨の下
  3. 太股の付け根
  4. 膝の裏

これらは、血液が大量に流れている部分なので、ここを直接、冷却ジェルシートや冷たいペットボトルなどで冷やしてあげます。

 

すると、自然に体温が低下していき、体が体温調整の必要がないと判断し、結果的にわき汗を抑える事が出来ます。

 

しかし、外出時にそういった保冷剤などを持ち歩いていることも少ないしょう。
そういった場合は、わきの下をうちわや下敷きなどで仰ぐだけでも効果が期待できます。

 

保冷剤で直接冷やすのと比較すると効果は半減ですがやらないよりはやった方が良いでしょう。
また、手近なもので「ひんやり」したものを脇の下に当てるのも効果が期待できるでしょう。

 

2.さらに直接的な方法、わきの下を圧迫する

脇の下に手を当てる女性

 

いくら、血液が流れる部分を冷やすのが効果的でも、道を歩いている時や仕事をしている時にはなかなか出来ることではありません。
そのような場合には、腋の下全体を帯で圧迫するという方法もあります。

 

実はこの方法、京都の舞妓さんが古くから実践してきた方法なのです。
京都は盆地で夏の暑さは大変なものですが、それでも厚化粧の舞妓さんが発汗しているのを見た事はありませんよね?
それは、着物の下でわきの下をきつく縛っているからなのだそうです。

 

これは反側発汗(はんそくはっかん)という現象を応用した方法です。

 

私たちの体は、一部分が圧迫され、発汗が制限されると、反対側の別の場所から発汗しようとする性質を利用したものです。
ここでご紹介した方法は、とりわけ上半身の発汗を抑制する方法として有効で、わき汗はもちろん顔汗を防ぐ効果も期待できます。

 

3.脇の下にある汗腺の収れん効果があるデオドラントを使う

脇の下にデオドラントを塗る女性

 

正直、即効性のあるデオドラントを使うのが、一番手っ取り早く汗を止めることが出来ます。
ここで、突然ですが、デオドラントと制汗剤の違いはご存知でしょうか?

 

デオドラントとは消臭剤・防臭剤を意味します。
言い換えると必ず制汗成分が入っている訳ではありません。
一方で、制汗剤とは汗を抑える有効成分を配合したものを指します。

 

デオドラントの中には、消臭成分として脇の下の雑菌の死滅を目的にした成分のみを配合したものも多くあります。
そのようなデオドラントを使用していても脇汗対策には効果が期待できません。
ですので、脇の下の汗腺の収れん効果が期待できる『制汗成分』が配合されている脇汗対策グッズを選ばないと意味がありません。

 

人気の有効成分とは、パラフェノールスルホン酸亜鉛、塩化アルミニウムなどです。
市販の制汗剤にも含まれていたりしますが、個人的にその効果には懐疑的です。
実際に使ってみても効き目がすぐになくなる印象があり、あまり信用していません。

 

その中でも、「これは、なかなか良い!」と思うものもいくつかありました。

 

以下、しっかりとした有効成分が配合されていて、かつ私が使ってみて、脇汗抑制効果を実感できた制汗剤を3つご紹介します。
こちらでは、より長時間、脇汗を抑え続けてくれたと感じた順にランキングにしてみます。参考にしてみて下さい。

 

クリアネオ

クリアネオ(CLEANEO)の特徴

個人的に制汗効果が一番実感できたのがこのクリアネオです。 汗を抑え、分泌量を整える働きをする『パラフェノールスルホン酸亜鉛』という有効成分の力で一日中しっかり汗を抑えてくれます。 パラフェノールスルホン酸亜鉛はアポクリン汗腺およびエクリン汗腺から分泌される過程の汗の中のタンパク質と結合して固まり、汗腺を収れんさせます。 また、菌の増殖を防ぐ有効成分『イソプロピルメチルフェノール』も配合しているのでわきが臭や脇汗臭の予防効果もかなり期待できます。 天然植物由来エキスを配合し無添加なので、市販品の制汗剤を使う時にたまに起きる肌荒れやかぶれなどのいわゆる「制汗剤かぶれ」も心配ありません。 クリアネオは足臭にも対応しています。 汗に流れづらいので大量の汗を掻いても効果の持続が期待できます。

価格 定期4,980円(送料無料) 単品5,980円(送料660円)円
評価 評価5
備考 定期コースで永久返金保証付き 単品購入で30日間返金保証

ノアンデ

ノアンデ(NOANDE)の特徴

ノアンデは、クリアネオ同様、汗と臭いを同時に抑えることを考えられて作られた制汗剤です。 特に、わきが臭を抑えたい方におすすめです。 わきが体質の人の脇の下にはアポクリン汗腺という器官があります。 そこから分泌される汗をエサに雑菌が繁殖し、分解することで起きる腐敗臭がわきがです。 その原因となる汗を抑えることで菌の増殖を防ぐことでわきが臭を抑えるという発想のノアンデ。 制汗成分はクリアネオと同様、パラフェノールスルホン酸亜鉛です。 この成分の力で脇の下の組織を収れんさせアポクリン汗、エクリン汗両方の分泌量を減らすことが可能です。 ノアンデはデリケートゾーンの汗対策にも使えますので、異性との夜のコミュニケーション前に一塗りすることでしっかりと汗と臭いのケアが出来ます。

価格 定期4,960円(送料無料) 単品8,600円(送料無料)円
評価 評価5
備考 定期でも単品でも120日間返金保証

デトランスα

デトランスαの特徴

デトランスαは医療先進国と言われるデンマークが発祥の地です。 そのため、体臭の強い欧米人の間で大ヒットとなっていて、累計32万個以上を売り上げる大人気商品です。 その制汗成分は、収れん効果の高いと言われる「アルミニウム系」の有効成分です。 日本での正規販売はなく個人輸入の代理店を通しての入手しか方法がありません。 それでも売り切れが続出する人気です。 そんな、デトランスαは使い方が特殊です。 夜、就寝間にお風呂に入って清潔な脇の下に塗ります。 翌朝、濡れたタオルもしくは脇汗シートのようなもので脇の下を拭き取る。 これで有効成分が脇の下に浸透済みです。 これを繰り返すことで、最大10日間効果が持続するようになっていきます。 つまり、1度塗れば10日間ケアしなくとも脇汗の分泌量を抑えることが可能になるというのです。 ただ、ロールオンタイプで直接塗ると衛生面で難あり。 そのため、布につけてかた塗るように言われてますが、何だかちょっともったいない感じもしてしまうのがデメリット。

価格 通常4,800円 初回限定40%OFF 2,900円(手数料600円)円
評価 評価4
備考 返金保証は付きません

 

※3位のデトランスαはアルミニウム系の制汗剤ですのが、お肌が弱い方はご注意ください。

 

人気の制汗成分と言えば、塩化アルミニウムという成分です。
強力な脇汗抑制効果が期待できるため人気なのですが、その反面、副作用のリスクもあります。
中には、「アルミニムフリー」の制汗剤をわざわざ探す人もいます。

 

そこで、今人気なのが、お肌にも優しくて、副作用のリスクも少なく、なおかつ制汗効果も期待できる『フェノールスルホン酸亜鉛』という成分です。

 

例えば、私も愛用している今人気のクリアネオという制汗剤にはパラフェノールスルホン酸亜鉛がしっかり配合されています。

 

クリアネオを手に持っている

 

お肌への負担も少なく、制汗効果も実感できたのでおススメです。
個人差がありますので、万が一効き目が感じられなかったら返金保証を受けられるのも人気の秘訣。
クリアネオはなんと、永久返金保証を導入しています。

 

>>今だけ限定特別プレゼント付き!クリアネオのキャンペーン情報はコチラから ↓<<

クリアネオの詳細

 

4.わき汗を止める!速効性のあるツボを紹介

手のツボ押し

わき汗、顔汗、上半身から流れる汗は、他人の視界に嫌でも入る部分です。
それだけに誤魔化しが利きませんし、早くなんとかしたい問題ではあります。
そのような事を考えると元手要らずで指一本で出来るツボは覚えておいて損はありません。

 

顔の汗、わき汗を止めるツボ屋翳(おくえい)

人間の体には、無数のツボが存在します、それらは血液の流れやリンパの流れを司っています。
私達の体を流れる体液には、当然、汗も含まれていますので、それを抑えるツボを知る事で、困った時に大量に流れる汗をコントロールする事も可能になるのです。
そのようなツボで顔汗やわき汗を止めるのに効果的なのは、屋翳(おくえい)というツボです。

 

屋翳は、両方の乳首の2〜3センチほど上にあり、ここを1分から3分、指の腹で抑えます。
また、この屋翳は女性にとっては、バストアップに効果のあるツボだそうです。

 

わきの下にある汗を抑えるツボ大包(だいほう)

もう一つ、わき汗を抑えるツボがあります、それは大包といい、両方のわきの下に存在します。
押し方は簡単で、両腕を交差させて腕を組んでいるポーズを取りながら、わきの下を抑えます。

 

これなら、ぱっと見て、ツボを押しているようには見えないので、周囲に人がいてもあまり恥ずかしくありませんよね?
合わせ技としては、この時に余る親指を伸ばして上で紹介した屋翳のツボを抑える事も出来ます。

 

緊張から来る汗も抑える効果がある合谷(ごうこく)

わき汗には、気温の上昇で発汗するものの他に、精神的な緊張で出て来る汗もあります。
それを抑えるには、手の甲にある合谷のツボを抑えるのも効果があります。

 

場所は、親指と人差し指の骨の交わるあたりの人差し指側の骨の際になります。

 

ここを指で抑えて、1〜3分指圧する事で精神性の発汗を抑える効果が期待出来ます。
ツボの指圧はいずれも、手間がかからず、手軽に出来る方法なので覚えておくと便利です。
また、1回だけでなく、思い出した時に定期的に押していく事で健康にもよい影響があります。

 

5.緊張による発汗は特にリラックスが重要!深呼吸〜♪

ベッドでリラックスする女性

 

人前で話す、彼氏との初デートなど緊張することがあったり、すっごく恥ずかしいことが起きたりすると手や脇の下にいつも以上に汗を掻くことありませんか?
これは、いわゆる精神的な発汗です。
交感神経がいつも以上に敏感に反応することで脳へ信号が行き、過剰な汗の分泌に繋がります。

 

こういった緊張による発汗はリラックスすることが重要です。
人前で話す時には一度大きく深呼吸をしましょう。
あとは、「思考」が重要な役割を担います。

 

その「緊張する出来事」をどう意味づけするのか?によってストレスを緩和し精神的な発汗を抑えます。
まず、その「緊張する出来事」の過剰評価を見直します。

 

具体的には、

 

『絶対に失敗できないプレゼンだ!』 ⇒ 『このプレゼンが失敗しても死ぬわけではない』
『この初デート次第で付き合えるかどうかが決まる!』⇒『今後の付き合いの一歩に過ぎない』

 

というように、過剰に高く評価していたものを正常に戻すイメージです。

 

また、呼吸が自律神経と密接に関係していることも知られています。
緊張している時って呼吸が浅くなってしまっている状態です。

 

そのままでいるとより交感神経が優位になり発汗を促します。
そうなるとより脇汗が止まらなくなるため、一旦呼吸を落ち着かせる必要があります。

 

鼻から息を吸い込む(5秒)。そして口から息を細く吐き出す(10秒)これを10回繰り返すことで、呼吸が落ちるくでしょう。
時間的に3分弱です。騙されたと思って試してみてください。
意外に10回やり切るのに集中力が必要なので要注意ですが^^;

 

6.漢方薬を使って脇汗を抑える

漢方薬

 

同じ病気に対して同じ薬を処方する西洋医学に対して個人差を加味し治療方法を検討する東洋医学。
漢方による治療は東洋医学の一種で、まず体を一体的に捉え、全体として快方に向けていこうとするものです。

 

メリットとしては副作用のリスクがほぼなく、内服によって症状を改善に導くので切らない治療方法だという点です。
一方で、デメリットとしてはすぐに効果が出ないので継続がモノを言うという点です。
即効性がないのですぐに脇汗を抑えたいという人には不向きだと言えます。

 

とはいうものの、長い目で見た時にその人にあった漢方薬の服用によってより脇汗の改善に効果が期待できます。
こちらでは、3つのおすすめ漢方薬をご紹介します。

 

五苓散(ゴレイサン)

体にとって不必要な水分を体外に排出することで脇汗を抑える効果が期待できます。
尿の量<汗の量と言う方におすすめです。

 

防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)

体内の水分量のバランスが崩れると顔や足がむくみやすかったりします。
その状況下では比例して脇汗の分泌量も増えていたりするケースがあります。
そういった身体の詩文バランスの乱れを改善することで脇汗の分泌量を抑制する効果が期待できる漢方薬です。

 

桂枝加黄耆湯(ケイシカオウギトウ)

寝ている間の汗の量が多かったり、虚弱体質によって汗の分泌量が多くなっている人におすすめです。
体の血液の循環を改善し全身に酸素や栄養素を送る作用がある桂皮(ケイヒ)。

 

胃腸をはじめとした内臓機能の働きを助けることで水分の代謝を調整する働きのある生姜(ショウキョウ)。
虚弱体質と汗の分泌量の調整の作用がある黄耆(オウギ)。これらが調合された漢方薬で、一般的には全身多汗症の治療に用いられています。

 

まとめ

綺麗なわきの下の女性

 

いかがでしたか?

 

わき汗を抑える方法と言っても忘れてはいけないのは、汗をかくのは体の自然な活動だと言う事です。
それを無視してまで、過剰に汗を抑えてしまうと、体内に熱がこもって熱中症のような病気に繋がります。
くれぐれもやりすぎには注意して下さいね。

 

ちなみに、こちらの、3つ目のところでも書かせていただいたように、管理人はクリアネオと言う制汗剤を使って脇の下の汗を抑えています。

 

クリアネオを使っている画像

 

クリアネオには収れん効果のある『パラフェノールスルホン酸亜鉛』という成分が含まれています。
この有効成分のおかげか、使い始めてから脇の下の発汗量はぐっと落ちた感じがします。

 

効果もおよそ半日から調子の良い時で丸一日持続します。(あくまで個人的な意見ですが。)

 

クリアネオは脇汗をかいても成分が流れづらいので、それも持続性の長さに繋がっているみたいですね。
今まで使ってきたデオドラントは汗ですぐに成分流れちゃって効き目がすぐに落ちてしまったので。

 

そんな、クリアネオですが、今だけの限定特典がもらえるキャンペーンもやっていますので、チェックしてみてくださいね!↓

 

>>永久返金保証付きでリスクなし!クリアネオで脇汗の悩みのない生活を手に入れる!<<

クリアネオの限定特典の詳細

更新履歴