脇汗の対策をするのならば人気のBanブロックロールオン!

脇の下にデオドラントを塗り込む

 

市販の制汗剤を見ていると、どこのお店でも代表的な人気商品というのは目立つ陳列をしてありますよね。

 

その人気商品の中の一つがBanの制汗剤です。Banは昔から目にする人気の制汗剤ですよね。

 

スプレータイプのものもあればロールオンタイプのものもあります。今回は、一番最近Banから発売されたブロックロールオンについて紹介していきます。

 

脇汗が抑えられると評判のBanはどんな制汗剤なんでしょうか。

 

こんな方法があったのか!脇汗を抑えるとっておき6つの方法とは?

 

Banブロックロールオンとは?またその特徴とは?

 

Banには他のタイプの制汗剤もありますが、一番人気のある効果の高いロールオンタイプのものを紹介していきます。

 

Banのロールオンは脇汗と汗ジミに特化している商品だとも言われているものです。

 

脇汗による汗ジミの悩みというのはなかなか厄介なものなんですよね。Banのロールオンは2種類の香りがあります。

 

それは無香料とせっけんの香りです。臭い対策などをするときは無香料のほうが良いのですが、Banのせっけんの香りはとても良いすっきりとした香りがするので個人的には好きです。

 

実際に無香料よりもせっけんの香りのほうが売れているようなんです。

 

Banブロックロールオンの効果と効能

Banのロールオンの効果と効能には「制汗、皮ふ汗臭、わきが」という記載がしてあります。

 

Banの有効成分はクロヒドロキシアルミニウムとイソプロピルメチルフェノールです。

 

制汗作用と殺菌作用のある成分がばっちり配合されているということですね。成分だけをみてみるとワキガにも対応できそうなものです。

 

しっかりとした制汗作用が期待できそうなので脇汗を抑えられそうな気がしますよね。

 

Banのスプレータイプの場合は、すぐに脇汗が出てきてしまうと思うのであまり効果的ではありません。

 

Banのような制汗剤の効果を最大限に発揮するためには、使用する時に「清潔な状態の乾いた肌に」使うということが大切です。

 

脇汗をかいた状態のままで使うのは効果がほとんど現れません。清潔で乾いているということが重要なのです。

 

Banブロックロールオンを実際に使ってみると

Banを実際に使ってみると、一番最初に思うことはロールオンはやっぱり使いやすいということです。

 

ただしBanのロールオンは塗った後、乾くまでがちょっと時間がかかります。一応「速乾」とは書いてあるんですけれども。

 

乾きが遅い制汗剤って効果が流されてしまうことがあるんですよね。

 

Banはワキガにも効果的ということなのですが、軽度のワキガであれば脇汗の症状をしっかりと抑えることができそうです。

 

しかし、中度や重度となるとワキガの症状を抑えることはできないと思います。

 

脇汗も出てくるだろうし、臭いも出てきます。Banの制汗作用は実際にもあるように感じます。

 

Banを使うことで脇汗の量は確かに減っています。

 

Banブロックロールオンの総合評価をしてみると

Banは市販の制汗剤の中では効果があって使いやすいものだと思います。せっけんの香りも良い香りです。

 

しかし、ただ普通に脇汗を抑えたいとか脇汗の臭いが気になるから程度で使うならば十分に効果はありますが、脇汗の本格的な症状のワキガや脇汗の量がとても多い人などにはBanでは力不足なような気もします。

 

症状によって、Banでも大丈夫な人とBanでは物足りないという人がいるということですね。

 

市販で手軽に購入できる商品なので気になる人は試してみる価値はあると思います。

 

ただ、ワキガである自覚があったり、普通の人よりも全然汗が多いんだよな・・・と実感している人はBanではなくて最初からもう少し強力な制汗剤を選んでいくほうが無駄にならなくて良いのかもしれません。

 

制汗剤は使い心地や効果に個人差があります。その個人差は体質でもあるし、症状の違いでもあります。