病院で受けられる保険適応料金の脇汗治療とは?!

医療費を計算する医師

 

病院で保険適応の範囲内で受けられる治療は複数存在します。それによって脇汗の改善できる可能性も高くなっているとみられています。

 

この記事では、イオントフォレーシスとボトックス注射、腔鏡下胸部交感神経遮断術の3つの保険で受けられる治療に触れていきたいと思います。

 

こんな方法があったのか!脇汗を抑えるとっておき6つの方法とは?

 

最も安価な脇汗治療方法イオントフォレーシス

イオントフォレーシスという脇汗治療の方法は、病院で受ける治療の中では最も安価で気軽に受けられるというメリットが存在します。

 

水道水に直接的に電流を流して、その中に多汗の症状を改善したいと思う部分を入れたり、当てたりする方法となっています。

 

この治療方法は主に手や足などに適用されることが多いと考えられているものの、脇汗を改善する際にもよくこの治療が選択されています。

 

最近では、イオントフォレーシスの脇汗の治療を展開する病院が増えてきており、気軽に治療に臨める可能性が高くなっていると思います。

 

実際にメスを入れて手術を行う方法に比べると、副作用のリスクも極めて少ないため、脇汗を改善させたいと思う人からはよく選択される方法になっています。

 

この治療は保険適応で受けられる方法であるため、1000円程度で済みます。

 

効果が短い期間で消えるタイプの治療方法なため、定期的にこの治療を受ける必要がある点が特徴です。

 

継続的に治療を受ける場合でも、治療費自体は安価に感じられるのではないでしょうか。

 

脇汗の対象に効果的なボトックス注射

ボトックス注射は、脇汗を改善するための方法としては、非常に効果的なものであると認識されています。

 

数年前より、このボトックス注射は自由診療から保険適応に移行したため、複数の病院において保険適応の治療として展開されています。

 

日常生活に支障が出るほどの脇汗で困っている場合には、間違いなく保険適応で治療が受けられます。

 

注射自体は短い時間で完了し、脇汗が改善されるまでの時間もそれほど長くないため、大掛かりな手術にならない点が特徴です。

 

ボトックス注射によって脇汗が改善される期間は半年程度であるとされているため、年に数回の注射を受ける機会が生じると考えられています。

 

完全な自由診療だった時に比べるともこのボトックス注射は気軽に治療できる点がメリットとして受け入れられ、多くの病院で受けたいと希望する人が飛躍的に増加してきています。

 

自由診療の場合は、1回につき約10万円程度が相場となっているため、保険適応のクリニックではその3割にあたる約3万円で注射を打ってもらうことが可能です。

 

腔鏡下胸部交感神経遮断術での脇汗への対処

腔鏡下胸部交感神経遮断術も、保険適用で受けられる治療、手術としてよく知られています。

 

この手術は多汗症の症状に効果を発揮する者であり、内視鏡を用いて手術を行う方法となっています。

 

脇汗が酷い人でも受けられるものであるため、この治療を行う病院で実際に手術を受ける人も多くなり始めています。

 

手術自体は短時間で終了することが多く、日帰りの日程で受けられる病院も存在します。

 

内視鏡を使うということもあり、傷口が非常に小さく済むことも、この治療におけるメリットとして挙げられているのではないでしょうか。

 

費用面については、保険適応の場合には約9万〜10万円程度であることが多くなっています。

 

脇汗を改善する作用が長く持続するため、受けることの推奨できる手術であると思います。

 

まとめ

保険適応で受けられる脇汗を改善するための治療は、複数の種類が存在するとされています。

 

その中で、費用の面で最も気軽に受けられる治療はイオントフォレーシスであると言えるでしょう。

 

この治療は1回1000円程度で受けられるため、継続的に治療を受ける必要があるものの気軽に受けられるものであると思います。

 

また、ボトックス注射や腔鏡下胸部交感神経遮断術も、治療効果が長く持続する方法であることから、それに見合った金額で治療が受けられる可能性が高いと言えると思います。

 

保険適応の治療と自由診療では、治療にかかる金額が大きく異なっていきます。

 

そのため、こうした保険適応の診療を上手に活用して、脇汗を病院の治療で効果的に改善することがベストな方法のひとつとして、脇汗に悩む人からは認識されていくとみられています。