顔の多汗症の特徴と有効な治療法とは?

顔の汗を拭う女性

 

一口に多汗症と言っても、体のどの部分から汗が噴き出すかによって対処の方法も、用いる治療法も大きく違うものです。そこで、今回は顔の多汗症について調べてみました。

 

こんな方法があったのか!脇汗を抑えるとっておき6つの方法とは?

 

顔面多汗症の主な症状

その名前の通りに顔から大量の汗が噴き出してくる症状です。

 

傍目から見ても、はっきりと分かるような滝のような汗をかくのが特徴です。主に精神性の発汗ですが、暑い場所では温熱性発汗まで加わるのでよりひどくなります。

顔面多汗症は日常生活で困る

顔は、全てを覆うという事は出来ないので、大量に汗が出ても庇うという事が出来ません。

 

位置も人の目線と重なるのでイヤでも目に入る部分であり、恥ずかしい思いをします。また、その恥ずかしさが新たな精神性発汗の原因になる事もあり悪循環化します。

 

女性の場合には、メイクが崩れる程の汗をかいてしまい恥ずかしさにも拍車が掛かるという事が起こります。

顔面多汗症には、治療方法があるのか?

現在の所、顔の多汗症には、これという医学的な治療方法がありません。

 

従って、主な治療方法は、顔の汗を抑えるというような対処療法や、精神面でのケアを行う心理療法が多く採用されています。

顔面多汗症は、かなりデリケート

顔の皮が厚いという言葉があるので、顔の皮膚は強そうですが、腋や体に使う制汗剤を顔に直接噴射するのは、オススメできません。

 

大抵の場合、顔には効果が強すぎて、肌が赤くなったり、腫れるというような大きなトラブルが起こります。

 

顔には、顔専用の制汗剤を使用するようにしましょう。

顔面多汗症の制汗剤 SaLafe(サラフェ)

サラフェは、パラフェノールスルホン酸亜鉛を配合した顔面多汗症用の制汗剤です。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛で顔の発汗を抑えつつも、シャクヤクエキス、ワレモコウエキスで肌の保護を行うという二段構えで顔汗を防ぎます。

 

以上のように、顔面多汗症には、医学的にはこれという決定打がありません。

 

しかし、それは症状を改善できないというわけではなく、対処方法では、治療できた人も緩和できた人もいるという事は付け加えておきます。

 

サラフェ