脇汗の臭い対策にワセリンが効果的って本当なの?

ワセリンを手にすくう

 

夏場になるとどうしても脇汗の量が増えてしまいますが、気になるのが脇汗によって発生する臭いです。

 

この臭い、ワセリンを脇の下に塗ることで抑えることができるという情報があるのです。

 

ワセリンはあくまでも肌の保湿をするだけのものなのに、なぜ臭いを抑えることができるのでしょうか。
ワセリンが脇汗に由来する臭いを抑えるメカニズムとなどについて、説明していきましょう。

 

こんな意外な方法が?!脇汗を抑えるとっておき6つの方法とは?

 

「汗の臭い」の原因は細菌の分泌物

脇の下の臭いを嗅ぐ女性

 

ワセリンの効果について説明する前に、そもそも脇汗に由来する臭いがなぜ発生するのかについて解説していきましょう。

 

まず知っておいてほしいのは、汗に含まれているのは塩分と水分が大半で、臭いの原因となるような成分は含まれていないということです。

 

汗が蒸発しやすいサウナルーム内部の臭いがそれほどでもないのが、その証拠といっていいでしょう。
もし汗に臭いの原因となるような成分が含まれていれば、サウナルーム内にその成分が充満してしまい、臭いがすさまじいことになってしまうからです。

 

では、汗の臭いとされるものはなぜ生じるのでしょうか。それは脇の下にいる雑菌が原因です。
汗をかいたまま放置しておくと、汗の水分によって雑菌が繁殖してしまいます。

 

この雑菌の分泌物が「汗の臭い」とされているものの正体なのです。
汗が染みこんだ服を放置しておくと臭うのは、雑菌も付着しているため、服の中で繁殖してしまうからなのです。

 

※関連記事

2種類ある?!自分の脇汗はどっちのタイプかを診断する方法

肌の乾燥によって皮脂の分泌量が増加する

女性の脇の下

 

ただ、上にも書きましたように、汗の成分の大半は塩分と水分で、細菌の栄養素になりそうなものは含まれていません。
では、細菌はどのようにして繁殖するために必要な栄養素を確保しているのでしょうか。

 

実は脇の下では汗だけでなく、皮脂も分泌されています。

 

脇の下の皮膚は薄くて乾燥に弱いため、皮脂によって膜を張り、水分の蒸発を防止しているのです。
この皮脂が汗と混じることによって細菌の栄養分となってしまい、細菌の繁殖による分泌物が発生し、臭いが出るというわけです。

 

そして、気をつけておいてほしいのは、肌が乾燥すると皮脂の分泌量が増えるということです。
これは肌が乾燥することがダメージになってしまうためで、皮脂の量を増やすことで膜を厚くし、これ以上水分が失われることを防ごうとするのです。

 

ただ、皮脂が増えるということは細菌の栄養分が増えてしまうということを意味しています。
これによって細菌の数がより多くなり、臭いも強くなってしまうのです。

 

※関連記事

脇汗が多い原因は何だろう?スメルハラスメントと言われないために!

 

ワセリンの臭いを抑えるメカニズムとは?!

手でワセリンをすくっている

 

上にも書きましたように、ワセリンの働きは塗布することで皮膚に膜を作り、水分の蒸発を防止することで保水効果を発揮するというものです。
これは脇の下に塗布した場合も同じで、保水効果を高めることができます。

 

保水効果が高まれば皮脂の分泌は抑えられますので、細菌の栄養分は減少して繁殖が抑えられ、分泌物の臭いも現象するというわけです。
これがワセリンによって「汗の臭い」を抑えるメカニズムなのです。

 

実際、ワキガクリームの中には保湿を重視しているものがあり、皮脂の分泌量を抑えることで臭いを減少させることができると言います。

 

特に、クリアネオという商品は保湿と制汗のバランスが取れ、さらに殺菌までしてくれるので人気が高い商品です。

 

クリアネオを手に持っている

 

脇の下は体の中でも汗の分泌量が多いとされていますが、皮膚が薄くて乾燥しやすいという問題点を考慮すると、汗が多くなるだけの理由はあるということになります。

 

付け加えれば、ワセリンは基本的に腐敗せず、長期にわたって使用が可能だとされています。
これは、ワセリンが細菌の栄養となるような成分を含んでいないからなのです。

 

つまり、ワセリンによる膜は脇の下の細菌を繁殖させるような成分を含んでいないため、皮脂の量を減らすだけで細菌の栄養分を減らせるようになっているのです。

 

※関連記事

脇汗対策に失敗しないために!正しい制汗剤の使い方とは?

 

殺菌効果を持つ「サリチル酸ワセリン」

薬局の女性

 

ただ、ワセリンの効果はあくまでも保湿のみで、臭いの原因となる細菌を退治する力はありません。
つまり、臭いを抑える効果は必ずしも高くないということです。

 

より高い効果を求めるのでしたら、殺菌効果のあるサリチル酸ワセリンの方がいいでしょう。
サリチル酸ワセリンは、水虫やニキビの治療に使われている医薬品です。

 

古い皮膚である角質を柔らかくすると同時に、水虫の原因である白癬菌や、ニキビの原因であるアクネ菌を退治する働きがあるためです。
このサリチル酸ワセリンを脇の下に塗布することで、臭いの原因となる細菌を退治することができ、臭いを抑えられるというわけです。

 

ただ、サリチル酸ワセリンにも問題点はあります。
ひとつは、基本的に医療機関で処方してもらうことしかできませんので、入手が簡単ではないということです。

 

もうひとつは、人によっては痒みや発疹という副作用が出てしまうことです。
特に脇の下の皮膚は薄くて刺激に弱いため、注意が必要です。

 

ワセリンが「脇汗の臭い」を抑えることができるという情報には、それなりの根拠があるのです。
ただ、ワセリンそのものに殺菌効果がないこともあり、効果の方は必ずしも強くないようですので、過度の期待は禁物といったところでしょうか。

 

以上ご参考になりましたでしょうか?
最後になりますが、こちらであなたの悩みに適した脇汗対策デオドラントを診断できますので、良かったら試してみてください。
↓ ↓ ↓