脇汗の原因は更年期?!自律神経の乱れで発汗作用が狂う?!

脇汗を掻く女性

 

女性の脇汗は更年期に入ると特に多くなることがありますので気をつけておく必要があります。更年期は、閉経が行われる前後の数年間を指しますので一般的には40代後半から50代前半を広く指していることが多いです。更年期では様々な原因が絡んで脇汗が出てきますので、特にこの年代の女性は体調管理に注意をしましょう。

 

こんな方法があったのか!脇汗を抑えるとっておき6つの方法とは?

 

女性の脇汗は更年期が原因であることが多い

なぜ女性の脇汗は更年期に入ると多くなる傾向があるのでしょうか。

 

女性は、元々生理的な現象でホルモンバランスが崩れやすい体質をしていますよね。更年期に入ると、このホルモンバランスの乱れがさらに激しくなってしまって自律神経がおかしくなってしまいます。

 

自律神経は、身体機能をコントロールしてくれる非常に重要な機能を持っていますので、この機能がおかしくなってしまうと血流や発汗などの代謝機能にも大きな影響を与えます。

 

そのため、更年期になると脇汗が大量に出てしまうのです。

 

こうした症状は、一般的に更年期障害の一つの症状だと考えられています。

 

更年期の汗は普通の汗ではない

自律神経が乱れると発汗作用が正常に働かなくなってしまうので、本人が全く意図しない状況でも汗がいっぱい出てしまうことになります。

 

例えば、軽い運動をしていると代謝機能が良くなりますので汗が大量に出ますよね。更年期の汗はこうした運動をしなくてもただ寝ているだけで大量に汗が出てしまうことがあります。

 

こうした症状はホットフラッシュと呼ばれていて、突発的に発汗してしまう症状のことを指します。また、更年期の汗は普通の汗とは違ってアンモニアが含まれていることがありますのでわきがに近い臭いを出すこともあります。

 

これは触った感触でわかりますので、気になる人は自身の汗を触ってみましょう。普通の汗は触るとサラサラして手に殆ど残らずにすぐに蒸発しますよね。

 

これは含まれている殆どの成分が水分だけだからです。

 

反対に、更年期の汗は触ると少しベタつきがありますので、医者や看護師でなくても全くの素人でも触ればわかります。

 

まとめ

脇汗が更年期のものであるとわかった時には早い段階で対策をすると安心です。

 

ですから、きちんと制汗剤やクリームを利用した相応の対策を実践しましょう。