脇汗を止める塗り薬にはどんなものがある?

脇の下に塗り薬を塗る女性

 

脇汗で困っている人は世の中たくさんいます。電車でつり革が持てない・・というお決まりパターンの悩みはあることでしょう。脇汗の悩みの種類としては「脇汗の量」と「脇汗の臭い」でしょう。両方当てはまる人も少なくないと思います。

 

普段はそれほど気にならなくても緊張すると、すごい脇汗の量と臭いを感じる人もいます。体調によっても脇汗の量は増加します。例えば、自律神経失調症や更年期などは交感神経の活発化で脇汗をたくさんかくようになります。交感神経が活発になることで汗腺も活発になり汗がどっと出てきます。

 

刺激が強い食べ物を摂取しても交感神経は刺激されます。脇汗はちょっとしたきっかけで出てきてしまいます。脇汗や臭いが目立つような服は着れないし、スプレーしても効果がみられないし困ってしまう!という人におすすめなのが脇汗を止める塗り薬です。

 

こちらでは、3つご紹介します。

 

 

塩化アルミニウムの塗り薬

脇汗の対策に多く使われているのが塩化アルミニウムです。塩化アルミニウムはとても効果的で基本的にはほとんどの人に効果があらわれます。使い方は簡単で夜のお風呂上がりの脇の下に塗るだけです。

 

体をしっかりと洗った綺麗な脇の下に塗ります。この塩化アルミニウムは医療機関でも多汗症の治療で処方されているものです。汗も止まるし、臭いも落ち着く塗り薬です。

 

デトランスα

デトランスα

塩化アルミニウムが欲しいけど、なかなか病院までは行けないですよね。ならば、デトランスaという制汗剤があります。通信販売でお買い求めできます!塩化アルミニウムを配合したデオドラント商品のデトランスaは海外で製造されているものです。

 

直接塗るタイプの制汗剤です。塩化アルミニウムとデトランスaの効果はほとんど変わりません。変わりといえば、塩化アルミニウムよりもデトランスaのほうが肌に優しいかと思われます。デトランスαは塩化アルミニウムの効果で発汗をおさえることができます。

 

一回の使用のみでもしっかりと抑えます。臭いもしっかりと予防します。デトランスαの持続時間は最大で3日〜5日間!物凄く素晴らしい制汗剤なのです。市販の制汗剤などよりも抜群な効果を発揮します。普通の制汗剤よりも刺激が強目になっているので敏感肌の人などは使う頻度などに注意が必要になります。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛配合の塗り薬

パラフェノールスルホン酸亜鉛は汗を抑える成分で制汗剤によく使われています。パラフェノールスルホン酸亜鉛は汗の中のタンパク質と反応して凝固物を作って汗腺の出入り口を塞ぎます。

 

汗腺をふさぐことで汗が出ることを防いでいます。エクリン腺ではなくてアポクリン腺を抑える効果があるのでワキガに効果的なのです。この成分は制汗剤によく含まれていますが、化粧水などにも含まれていることがある肌に優しい成分ですが、まれにアレルギー症状を引き起こすことがあるので注意が必要です。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛という呼び名の他にフェノールスルホン酸亜鉛と呼ばれることもあります。パラフェノールスルホン酸亜鉛には消臭効果はありませんが、汗を抑える効果があるので「ワキガ」には効果的です。

 

殺菌作用のある成分でいくら臭いを消しても臭いのもととなる汗がでて雑菌が増えていたら脇汗の臭いを止めることはできません。効果の高いものを選ぶならば殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールとパラフェノールスルホン酸亜鉛が両方配合されている制汗剤がおすすめです。

 

クリアネオ

クリアネオを手に持っている

 

クリアネオはパラフェノールスルホン酸亜鉛と殺菌効果のあるイソプロピルメチルフェノールをダブルで配合した脇汗を抑えるクリームです。使用方法は1日一回塗るだけです。汗を抑える成分と殺菌成分が合わさった無敵の制汗剤です。無添加で肌に優しいところが特徴です。

 

国内で生産されている商品ですが販売は通信販売のみとなっています。

 

クリアネオの詳細を見てみる