臭いづらい「サラサラ脇汗」にする生活習慣とは?

わき汗が多い人が全員、脇の臭いがきついわけではありません。

 

生活習慣次第で臭いにくい・におわない汗にするコトがでるのでその方法をご紹介します。

食事の内容を見直すことで脇汗の質を変えよう

汗には消費・蓄えれなかった脂質やたんぱく質、塩分などさまざまな物質が混ざっています。

 

それらの分泌量が多いほど雑菌の栄養となってしまいます。臭いの原因のひとつに雑菌の増加があります。私たちが脂質を摂りすぎないようにしたり、必要量だけの食事にすることで汗に余分な物質を含まないようになります。

 

また、脂質は体内や体外で酸化してしまうことで臭いの原因になってしまいます。

 

ビタミンCやビタミンE・ビタミンA(βカロテン)などを摂取することで体内での脂質の酸化を防止することができます。

 

こんな方法があったのか!脇汗を抑えるとっておき6つの方法とは?

 

汗をサラサラにする

先に述べた食習慣とかぶる部分があるかもしれませんが、水分をこまめに摂取しましょう。

 

水分を充分に摂取することで血流が良くなようにり汗を書くときの汗の水分量が増えるため、汗がサラサラな状態になり脂質やその他の物質の濃度が低くなります。

普段から汗をかく習慣をつける

普段から汗をかく習慣があれば汗と一緒に臭いの原因となる物質が排泄される機会が多くなります。

 

なんだか常に臭いの原因を出しているようで常に臭いイメージがあるかもしれません。

 

ところが普段から汗をかかない人は臭いの原因を溜め込んでいる状態にあります。

 

あるときに汗をかくとその時、いっぺんに臭いの物質を排泄することになります。そうなると一度に大量に出た臭い成分により、より臭い体臭になってしまいます。

腋毛を処理する

生活習慣とは少し違うかもしれませんが、わき毛を処理することで脇の雑菌の繁殖する面積を大きく減らすことができます。

 

わき毛を処理すると脇汗が多くなるということも聞きますがそういったことはありません。わき毛を処理したことでヌルヌル感が出てしまうのでそう感じるだけです。

 

まとめてしまえば「健康的な生活習慣」ということになってしまいますがそれが基本となるのです。