ワキガと男性ホルモンの意外な関係とは?

体臭を気にする男性と臭がる女性

 

ワキガの原因として名高い『アポクリン汗腺』

 

においの元になる汗を分泌するこのアポクリン汗腺は、そうすれば汗を出さなくなるのでしょうか?

 

そもそも、このアポクリン汗腺は、神経刺激によって汗を掻くことはありません。そもそも、アポクリン汗腺の周辺には、神経線維は存在していません。

 

※脇汗を抑える方法をお探しの方はコチラも参考にしてみて下さい。

こんな方法があったのか!脇汗を抑えるとっておき6つの方法とは?

 

それでは、何故汗をかくのでしょうか?

 

汗を掻く仕組みとワキガは、関係しています。そこには、男性ホルモンが介在しているのです。詳しく、お話しますね。

 

ワキガは男性ホルモンによって変化するの?

脇の下を上げる男女

 

前述のように、アポクリン汗腺から汗が分泌されるのは、アンドロゲンと呼ばれている物質に影響されていると言われています。

 

アンドロゲンはステロイドホルモンの一つです。

 

アンドロゲンは、男性に多くあるため一般的には別名男性ホルモンと呼ばれています。男性のワキガのほうが女性のワキガより臭いがきついといわれる、所以です。

 

ホルモン変化がワキガ体質の臭いと関係することは解明されていますが、残念ながら未だ現在では、ホルモンがどの様な仕組みでアポクリン腺汗腺からの汗の分泌に作用しているのか解っていません。

 

男性と女性とでは、作用も大きく違いがあります。

 

ホルモンとの関係はフェロモンも含めて、専門家達の現在の研究テーマなのです。

 

男性は、アポクリン汗腺の成分にはアンドロステロールとアンドロステロンという揮発性ステロイドが含まれています。これらの揮発性ステロイドは、男性ホルモンと呼ばれています。

 

ですから、当然身体全体のホルモンとも大きく関係してきます。ワキガ体質の臭いの変化とホルモンの変化は影響し合っています。

 

特に、男性ホルモンの量は運動や摂取する食事や人に拠っては摂取しているプロテインやサプリメントの影響を受け易いので、摂取には注意が必要です。

 

ただ、他人が感じていなかったワキガの臭いが、他人が不快と感じるワキガの臭いに大きく変化する事はありません。

 

つまり、ホルモンが影響するワキガの臭いの変化は、軽敏なものなのです。自分自身にしか分からない変化なのです。

 

他人を不快にする臭いへ大変化する事はありません。安心してください。

 

成長期のホルモンがワキガに影響している!

成長の過程

 

アポクリン汗腺は、ホルモンの作用が活発化する第二時成長期から急激に発達するといわれています。

 

ワキガに影響を与えているのはホルモン、特に男性ホルモンということは明白な事実です。成人後はホルモンの分泌は、一定ではありません。絶えず変化しています。

 

その変化とあいまってアポクリン汗腺の分泌活動が活発になると、ワキガの臭いが強くなったりします。特に女性の場合は、生理の時に変化が顕著に現れます。

 

よく、女性の方がワキガの臭いが強くなったと感じられるのはこのことなのです。

 

男性の場合でも、男性ホルモンのサプリメントやプロティンを常用している場合にも、ホルモンの働き次第でワキガ体質の臭いが強苦なる可能性は十分にあります。

 

一時的に使用しているなら、使用を中止すればすぐに改善出来ますが、長期間の使用だと改善にも時間が掛かると考えられますので、使用には注意が必要なのです。

 

ワキガと男性ホルモンの因果関係について詳しくお話しましたので参考にしてくださいね。プロティンやサプリメントを使用しているワキガ体質の方は、使用を中止した方がいいですよ。