【アイデア】工夫次第でわきがの臭いは消すことができます!

わきがの臭いは自分でも気になる人が多いようですね。

 

なかなか臭いを消すことは難しいと思うかもしれませんが、ちょっとしたことで改善されることもあります。

 

手軽に試せそうなものをまとめてみましたのでご紹介します。

 

こんな方法があったのか!脇汗を抑えるとっておき6つの方法とは?

 

身体から消臭する

◎汗ふきシートでこまめに汗を拭きとる。

脇にはアポクリン腺(大汗腺)があるため、身体の他の部分に比べて汗をかきやすいです。汗で蒸れて雑菌が繁殖しやすい場所でもあります。
汗をかいたらこまめにふき取りましょう。

◎殺菌効果のある石鹸で身体を洗う。

臭いの元は雑菌です。普段から抗菌作用のある石鹸でわきがの臭いを予防しましょう。

◎銀イオンの入ったスプレーを使う。

銀イオンは臭いの原因菌を殺菌してくれる働きを持っています。

◎防臭クリームをつかう。

汗には弱いのでこまめに塗る必要がありますが、サラサラしたタイプのクリームだと消臭効果が高いようです。入浴後の清潔な肌に使うと効果が高いです。

◎ミョウバン水

古くから防臭剤として使われているミョウバンですが、水に溶けると酸性になります。臭いの元となる汗はアルカリ性ですので、ミョウバン水をつけることで、細菌のつきにくい環境を作り出すことができます。こちらも入浴後に使うことをお勧めします。

◎アロマでデオドラントスプレーを作る。

肌を引き締める働きがあるゼラニウム(6滴)、抗菌効果の高いティートリー(4滴)、消臭効果のあるラベンダー(2滴)をエタノール25ml、精製水75mlに入れて、スプレー容器に入れて使います。脇に直接スプレーして使用できます。1か月程度で使い切るようにしましょう。

 

洋服から消臭する場合

◎服を天然素材に変える。

天然の麻、綿は湿気をこもらせない性質があるため蒸れに強いです。

◎脇汗パットをつける。

汗をかいてもサラサラに保ってくれます。デオドラントタイプもあります。

◎防臭効果の高い柔軟剤を使う。

洗濯石鹸や柔軟剤を菌の繁殖を防ぐものに変えてみてはどうでしょう。服に臭いが染み込んでいる場合も良くあります。
黄ばみと臭いの原因を絶つためには、酸素系の漂白剤なども使ってみてはどうでしょうか。

◎直接服に塗る消臭スプレーを使う。

脇の汗をかきやすい部分にスプレーをしておくと、臭いを抑えてくれる商品もあります。

 

市販の製品を使ったり、インターネットの口コミなどでも良い商品がたくさん出ていますので、試してみてはいかがでしょうか?
服の素材や洗濯の仕方、消臭スプレーを上手に使ってわきがの臭いを消して、さわやかに過ごしたいものです。