ワキガ治療や手術は料金は場所と方法によって変わる?!

手術前の医師の手

 

ワキガの治療や手術って、実際にどこでどのように行われているか?料金はいくらくらいかかるんだろう?と疑問が多くて治療に踏み込めないという人もいるかと思います。

 

ワキガの治療というのは皮膚科や美容外科で行われるものです。

 

受診した場所やワキガの症状の度合いなどによって治療法は変わります。治療法が変われば自然と料金も変わってきます。

 

こんな方法があったのか!脇汗を抑えるとっておき6つの方法とは?

 

ワキガの治療はどこで行われる?

ワキガの治療は皮膚科や美容外科で行います。ワキガで初めて診察する場合は、まずは皮膚科へ行きましょう。医療機関の専門医によってワキガなのかそうでないのかを判断してもらってからの治療になります。

 

自分ではワキガだと思っていてもワキガではない場合ということが多いんだそうです。ワキガの判断は専門医でないと難しいと言われています。

 

まずは、皮膚科を受診した上で今後の治療方法やどこで治療をしたいかを決めていきましょう。皮膚科の場合は保険が適用されます。

 

症状が重度の場合でなければ、多くの場合で最初に薬物療法が行われます。

 

ワキガの治療や手術の進め方

ワキガの治療の進め方は治療方法と症状によって変わってきます。

 

ただ、基本的な流れは同じようなものです。ワキガの治療を受けるためには、まず最初に皮膚科を受診します。

 

最初は脇汗を抑える飲み薬や塗り薬を処方されることがほとんどです。医師から臭いを悪化させないように生活改善の話があることもあります。

 

処方された薬を使っていて症状が抑えられるならば、そのまま治療が続きます。

 

臭いが抑えられないようならば、治療や手術をそのまま皮膚科で行う場合と紹介状を書いてもらって美容外科などで治療を行う場合があります。

 

手術や治療を受けることにきまったら、自分の症状と意向にあった治療法を納得いくまで医師に相談して話をしましょう。

 

治療や手術のあともアフターケアが必要になることもありますので病院やクリニック選びは慎重にやりましょう。

 

ワキガの治療や手術の種類

ワキガの治療法や手術にはいくつか種類があって、いずれもメリットもデメリットもあります。ワキガの症状が軽いか重いかによっても手術方法は異なります。

 

軽度のワキガの場合は「ボトックス注射」の治療があります。ボトックス注射をして脇汗が出るのを抑えます。

 

ボトックス注射はメスを使わないので時間も早く終わるし、傷跡も残りません。しかし、効果の持続期間が3ヶ月から半年くらいで治療が高額なものです。

 

効果を持続していくためには繰り返し高額なボトックスを受けなければならないのです。「吸引法」という手術もあります。

 

クリニックによって名前が異なることが多いです。脇の下に数ミリの小さな穴をあけてそこからカニューレを挿入して汗腺を吸い取る手術です。

 

直接目で見て汗腺を取っているわけではないので、汗腺の取り残しが起きて高い効果は望めなかったり、再発することもあります。

 

これも軽度や中度のワキガの人向けの手術です。メリットは手術なのに傷跡が残らないということです。

 

「剪除法」という手術は脇の下を3.4センチ切開して肌をめくり、直接目で見てハサミで汗腺を取り除いていく手術です。

 

傷跡は目立つし、術後もしばらくは腕があがりませんが、現在ある手術の中で一番高い効果がある手術です。

 

ワキガ手術のリスク「再発」について

ワキガの手術をするのには勇気がいると思います。

 

頑張って受けた手術でも再発をしてしまうことがあるのです。

 

例えば、重度のわきがの人が比較的軽い症状のワキガ向けの手術をしたとしても納得いくような効果が出ないこともあります。

 

手術前によく相談をすることでこういうことを回避することができると思います。そして、残念ながら担当医の技術力が低い場合も効果が得られないということもあります。

 

口コミや知っている人がいれば話を聞くなどして良い病院、良い医師を探しましょう。