脇汗で出来る脇の下の黄ばみの正体とは何か?

脇の下を晒す女性

 

わきがに悩む人は、ニオイ以外にも、わきの下に出来る黄ばみが気になると思います。

 

そもそもが、普通の汗シミではない、あの黄色の成分は一体、何なのか?そして、あのような黄ばみはきれいに落す事が出来るのでしょうか?

 

その前に、
脇汗を抑える方法をお探しの方はコチラも参考にしてみて下さい。

こんな方法があったのか!脇汗を抑えるとっておき6つの方法とは?

 

黄ばみの正体は、リポフスチンという成分

わきがと黄ばみの原因であるアポクリン腺は、汗を出すエクリン腺の10倍の大きさを持ちます。そして、このアポクリン腺からは、皮脂やたんぱく質を含む粘り気がある汗が出ています。

 

実は、その成分には黄ばみを造るリポフスチンという物質が含まれているのです。

 

これらの黄ばみは、塩素系や酵素系の洗剤では落ちません。

 

理由は、こららの洗剤は水に溶けた汚れは落せても、衣類に染み込んだ皮脂には効果がとても薄くなるからなのです。

 

中々、落せない脇汗の黄ばみというのもイライラを増やす理由になっています。

嫌な黄ばみを落す、固形石鹸

脇汗の黄ばみは、見苦しい事、この上ないですよねアンダーシャツは、白が多いので黄色は確実に目立ってしまいます、そこで黄ばみを取る方法としては固形石鹸があります。

 

体を洗う時に使う、デオドラント成分入りの固形石鹸は、菌の殺菌や除去により、汗や皮脂を分解する効果を持っています。

 

リポフスチンは、皮脂なので、この固形石鹸を使う事で黄ばみを落せるのです。お風呂に入る次いでに黄ばみシャツを持ちこんで一緒に洗うのもいいかも知れませんね。

脇汗の黄ばみも落す重曹

重曹は、洗濯にも料理にも使える万能素材ですが、実は脇汗の黄ばみにも効きます。

 

油汚れは、脂肪酸なので弱アルカリの重曹で中和されて汚れが落ち、かつわきがの悪臭も抑えられ、雑菌の繁殖を抑える力もあります。

 

使用方法としては、重曹をペーストにしてこすり洗いか、重曹液を造って、その中にアンダーシャツを浸して洗うという方法があります。

 

それ以外にも、洗顔フォームやメイク落としクレンジング、ファンデーション用スポンジクリーナー食器洗い用洗剤など、油汚れを落とす効果のあるものは黄ばみに効果があります。

 

脇汗を抑えたい方はコチラの記事をご覧ください。