超便利!脇汗対策に使えるウェットティッシュのより効果的な使い方

ウェットティッシュ

 

脇汗の対策として一番基本的なことは、脇汗をかいたら放置しておくのではなくてきちんと拭き取っていくことです。

 

脇汗の悩みというのは汗ジミを作ってしまうことやワキガの臭いが気になることなどさまざまなことがあります。

 

そんな脇汗の対策にウェットティッシュがとても使えるのです!

 

困った時にとても便利なウェットティッシュについてお話していきます。

 

こんな方法があったのか!脇汗を抑えるとっておき6つの方法とは?

 

脇汗対策にウェットティッシュ!ワキガにもいい!

脇汗の悩みといえば、まずはワキガによる臭いです。

 

ワキガの臭いの原因はアポクリン腺から分泌された脇汗が皮膚の雑菌によって分解繁殖していくことで臭いが発生します。

 

ワキガの臭いというのは放っておくほど強烈になっていきます、日常生活の中で対策していくことが大切なのです。

 

ここでウェットティッシュの出番です。ワキガの臭いというのは脇汗と雑菌が混ざることで起きるものなのだからウェットティッシュを使って脇汗を拭き取ればいいのです。

 

ウェットティッシュには除菌成分が入っているものもあります。

 

なので、そういう殺菌作用のあるウェットティッシュを使えば脇汗も拭き取れるし、雑菌の除菌もできるので、ワキガの原因となる二つのことを一気に解消することができるのです。

 

ワキガの対策で使うウェットティッシュは普通のものよりも除菌タイプのもののほうが効果的です。

 

大きなボトルタイプのものが多いですが、携帯できるような小さなものもありますよね。

 

しかし除菌できるウェットティッシュというのはアルコール成分が配合されているので肌が弱い人や敏感肌の人の場合は、肌トラブルが起きてしまうという可能性もあります。そんなときは無理して使わないようにしていきましょう。

 

ウェットティッシュで早めの対処が確実な脇汗対策に!

脇汗による汗ジミというのは放っておいた結果でできるものです。なので汗をふき取るときというのは少し早めに対処をしていきましょう。

 

特にワキガ体質の人の場合は汗ジミができて、その部分が乾くと臭いが発生します。

 

脇汗はなるべく汗ジミができる前にウェットティッシュでふきとていきたいものです。それでも抑えきれないという場合は着替えなどを携帯していると良いでしょう。

 

より効果的な使い方!制汗剤やデオドラントを使用する前に

脇汗の対策で制汗剤やデオドラントクリームを使用するときは、正しい使い方をすることが大切です。

 

制汗剤やデオドラント用品を使用するベストなタイミングというのは、夜のお風呂上がりです。

 

その理由は1日の中で一番肌が清潔になっている時だからです。

 

制汗剤やデオドラントクリームというのは脇汗と雑菌のない清潔な乾いた状態の肌に使用することで最大限の効果が発揮されます。

 

脇汗をかいたままの、雑菌も繁殖したままの脇の下に制汗剤を吹きかけたり、デオドラントクリームやロールオンを使用しても効果は全くあらわれません。

 

それどころか脇汗の症状を悪化させていくことがあります。脇の下がベタベタして不快な状態になって、脇汗の臭いを悪化させてしまうということがあります。

 

1日一回で効果が持続するというデオドラントクリームなどもありますが、効果が薄れていると思ったら塗り直しをするのが良いです。

 

その塗り直しをする時に、ウェットティッシュがあるととても便利です。

 

臭い対策で制汗剤やデオドラントクリームを使うという時は除菌成分が配合されているもののほうが効果的です。

 

制汗剤やデオドラント用品の塗り直しをする前にウェットティッシュで綺麗に脇汗を拭き取りましょう。

 

脇汗は乾いたもので拭き取らない

脇汗をふき取るときに乾いたティッシュやタオルなどで拭き取っても、きちんと脇汗をふき取ることはできません。

 

乾いたものでふくと、その瞬間はよいのですがすぐに倍増したような脇汗が出てきてしまうのです。

 

濡れタオルを使うということも理想的ですが、使い捨てのできるウェットティッシュはとても便利なんです。